コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

クリーン・ランゲージとは

こちらのページでは、「クリーン・ランゲージ」について簡単にご紹介しています。

※このページは、私がクリーン・ランゲージを学んでいる先生、CLEAN LANGUAGE JAPAN斉藤ダソさん松田依子さんによるご紹介文を参考に作成しました。

私がなぜクリーン・ランゲージが好きなのか、ということについては、こちらのページをご覧ください。

◆クリーン・ランゲージとは?

クリーン・ランゲージとは、ニュージーランドのマオリ族出身の心理学者デイヴィッド・グローブが開発したコミュニケーション技法です。

デイヴィッドは、トラウマに苦しむ人々の治療に当たる中で、クライアントが自分の内面で起こっていることをメタファーを使って表現し、そのメタファーの中にいると、自分の内的世界をより直接的に体験し、気づきを得て、心の傷を癒していくことを発見しました。

一方で、デイヴィッドは、セラピストの言葉が、しばしばクライアントの言葉を曲げて「汚染」してしまい、クライアントがメタファーによって表現している真の体験を「略奪」してしまうことに気づきました。そこで彼は、クライアントが語るメタファーを「汚染」「歪曲」せずに発展させるための一連の「クリーン」な質問を、作り上げたのです。

クリーン・ランゲージはクライエント自身の言葉を使った一連のニュートラルな質問です。
クリーンに問いかける時のきまりは以下の二つです。

  • その人の話している言葉だけを使う。
  • 12個の「クリーンな質問」のみを使って、尋ねる。

クリーン・ランゲージの質問は、聞かれた側の人が自分自身についての洞察を深める働きを促します。かつ、彼らに対して、問いかける側から提案をすることはありません。
自分自身によって深められた洞察を通じて起こってきた変化は、他人からのアイディアではなく、自分自身で生み出したものであるからこそ、確実に、自身の望むペース、スピード、方法で、現実に作用します。

◆シンボリック・モデリングとは?

デイヴィッド・グローブが開発し、用いたクリーン・ランゲージは、クライアント自身に起こる過程を尊重するものとしてセラピストの注目を集め、自らも学びたいという方々がデイヴィッド・グローブの元を訪れたそうです。

「デイヴィッド・グローブは何をしているのか?」を、数年間彼について学び、クリーン・ランゲージは彼の行っていたトラウマ治療だけではなく、ビジネスや日常生活の意思決定の中で活かせるのではないか? と体系化したのが、企業のコンサルタント、心理学博士、NLPのトレーナーであるジェイムス・ローリィとペニー・トンプキンス夫妻でした。

ペニー、ジェイムス夫妻が体系化した、ビジネスや日常生活の中で活かせる、より安全にクライアントが内的世界を探求できるよう促すクリーン・ランゲージの問いかけ法が、シンボリック・モデリングです。

◆シンボリック・モデリング以外の、クリーン・ランゲージ

シンボリック・モデリングの他にも、クリーン・ランゲージは様々な場面・意図で活用できるよう体系化された技法があります。

◯5分間コーチング

企業などで、管理職が部下に相談を受けた時に、「部下自身がこのテーマについて認識していること」から、「どのような状況をつくりだしていこうと考えているか」を整理する、というような場面に用いやすい技法です。

メタファーを深く体験することには重点を置いていません。
より短い時間でクイックに、話をする相手が「今このテーマが自分にとって何につながっているのか」を明確にすることを促します。

◯システミック・モデリング

グループ・組織の中で、「クリーンな問い」と「メタファー」を用いて、メンバーで共有のメタファー・イメージを育ててゆき、「創造的な組織」「学習する組織」を創り上げていくための技法です。

システミック・モデリングは、デイヴィッド・グローブに直接晩年まで弟子として師事した、ケイトリン・ウォーカーが体系化した技法です。
トラウマワークとして初期に発展したクリーン・ランゲージに、さらにシステム思考やNLPのモデリング技法を取り入れて、グループのメンバー間のファシリテーションとして使えるように、8年近くの歳月をかけて独自の発展をさせたものです。

こちらに関心がある、という方は、現在、日本で唯一のシステミック・モデリング認定ファシリテーターである松田依子さんのwebページをご覧ください。

◆クリーン・スペース~たった今、この空間から気づきを得る

デイヴィッド・グローブはクリーン・ランゲージを開発した後も、「クライアントの内的世界を汚染しない」ということを研究し続けていたそうです。
デイヴィッドが晩年、生み出したのが、話を聞く側が言葉を反復することさえなく、空間を利用してクライアント自身が自分の内的世界を体験し、理解を深めるクリーン・スペースです。

あるテーマを真ん中においた時、そのテーマをどのようなものだと認識しているか、私たち人間は空間的に理解しています。
たとえば、「それ」よりも左側にいると安心、「それ」よりも右側にいると落ち着かず緊張する、などということは経験にないでしょうか。
私たちの身体は、言葉にする以前に、「この場所」がどういう場所であるか、空間・位置によって認識しているのです。

クライアントが、あるテーマを真ん中に置き、自分のいる場所を移動しながら、その場所その場所で自身が知っていることへの気付きを深めることを促します。


★セッションメニューは現在準備中です。2017年秋頃の開始を予定しています。

★私自身のクライアント体験、養成講座の受講記録などは、以下のページをご覧ください。

クリーン・ランゲージの記録