コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

カテゴリー: こども達とのこと

「できる力があるならば、力のある者がやるべきだ」、という思い込み。

こんにちは、桝田です。 しばらく続きそうな、傲慢な怒りの親玉話。 「できる力があるならば、力のある者がやるべきだ」という思い込みも、この親玉にはあったみたい。 怒りの正体が明確になっていくと、それに気…

コメントする

私に圧し潰されて、圧し殺されていた、私の悲しみと痛み。

こんにちは、桝田です。   先日のへんてこジャーニーで出てきた、私の怒りの親玉。 これ、どうしようか。 と、思い立って、マーニー・デューガンさんのワークショップで体験した、 感情解放のワーク…

コメントする

自分の時間と、こどもといる時間。「どちらが大事なの?」では、なくて・・・

こんにちは、桝田です。   9月後半、諸事情から私一人で東京に10泊11日、出かけていました。 娘、息子と離れて。   夜行バスで戻り、いない間こども達をお願いしていた義実家に帰る…

コメントする

「私を邪魔しない、聞き分けのよい、いると便利で助かる子」。

こんにちは、桝田です。   こどもを叱っている時、叱りながら、 私はつまり娘に「どうなれ」と言っているんだろう、と 叱るのとは別の頭で考えています。   自分のことは自分でやり、 …

コメントする