コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

すでに持っている、好きで頼りにしている力。より深く知り、自覚して使う。

こんにちは、桝田です。

すでに持っている、好きで頼りにしている力=リソースを深めるセッションのお話、続きです。
今回は普段からよく使っている実感のある「アレンジ」を、よりはっきりと知り、
よい状態に向かうために意識的に使えるようになりたい、と依子さんにお願いしました。

リソースを深めていく、より知っていくときには、

あなたが、最高の状態で「アレンジ」をする時、それは、なんのようでしょう?

という、問いかけから始まります。

私(クライアント):
いろんな情報が入ってきて・・・(手を上から頭に降ってくるような動き)、
こうなるといい、という状態に向かって、ここでこう(胸の前あたりで手を動かす)、
情報が組み変わっていく感じです

依子さん(ファシリテーター):
いろんな情報が入ってくる。こうなるといい、に向かって、情報が組み変わっていく。

そして、いろんな情報が入ってくる、という時、その入ってくる、は、どんな種類の入ってくる、ですか?」

こういう感じで、問いかけによって意識を向けられ、その部分が深まっていきます。

最終的に、私の「アレンジ」はこういうもの、とこちらの絵になりました。

セッションの途中で、前回書いた「情熱」との関係が現れました。絵にもあります。

胸の前で、これをやろうかなどうしようかな、とアレンジしている時、ちょうどマグマの球の位置。
情熱が燃えて、「やれる、やろう」となると、情熱を感じていた私はコミットと共に立ち上がる。

同時に、マグマの球は冷えて、胸からお腹に移動する。
そして、体の外に出る。
体の外に出ると、なにかを育てるための土となる。

マグマの球は、自分だけが燃やしていたもの。
土となったら、もはや私だけの力でどうにかなるものではない・・・

かかわる人の意図や力によって、なにかが育っていく。

家族なら、青々とした雑草。
それぞれが元気に生きること育つこと続くこと、踏まれてもまた元気に生えることが大切。

プロジェクトなら、鉢植え。
手にしたい花や果実をまずは目指して育てる。
その過程で花粉がどこかに飛ぶかもしれない。
その結果、なにか種が残るかもしれない。

チームなら、花壇や庭や畑。
構想や計画を練り、咲かせたいもの作りたいものを意図を持って長期的に築いていく。

私の「アレンジ」、そして「情熱」や行動との関連がはっきりしました。
その結果として、

今、私の情熱の球はどんな状態?
今、この誰かと育てている土はどんな状態?

そんな風に、今の自分の状態を確認するのに普段からこのメタファーを用いています。

なんだかやる気がしない・・・
気が重い・・・
という時は情熱が燃えていなかったり、

なんでこれ進まないのかなぁ、
チームのメンバーは今なにを考えてるんだろう?
という時は、花壇や庭をみんなでどう築いていきたいのか、ということを私が見失っている時だったり。

では、何が起こればいい?
とも、考えやすくなった気がします。

ここからまた生活する中で深まっていくのが、メタファーのおもしろいところ。
楽しみです。


★クリーン・ランゲージのクライアント体験などを次のリンクにまとめています。

クリーン・ランゲージの記録

※今後の情報を確認したい方は、このweb、あるいは
ねがい事務所 facebookページをご確認ください。
「いいね!」を押していただくと、最新情報のおしらせが届きます。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です