コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

【開催報告・1】1月29日(日)水瓶座時代を100倍豊かに生きたい人のための 喋り倒し瞑想会&オーラソーマワークショップ

こんにちは、桝田です。

オーラソーマレベル1ティーチャー、ライラミサさんをお招きしての
オーラソーマワークショップ
、満席御礼にて終了しました。
ご参加のみなさま、ありがとうございました!

イベントのレポートです。

午前の部は、喋り倒し瞑想会。
水瓶座の色、ターコイズのボトルたちを真ん中に……オーラソーマのポマンダーを使って、オーラのケアをする、というところから始まりました。

それから、みなさんがここにいらした意図をお一人おひとりシェアする時間。

ミサちゃんに会いたくてという方から、オーラソーマは惹かれていたけど初めて、「水瓶座」「瞑想」で検索して知り2日前に申し込んだ、という方まで。

みなさんの言葉の中に、「水瓶座の時代」を象徴するようなキーワードがたくさん場に出てきましたよ。

みなさんの言葉を書き留めつつ、ミサちゃん的水瓶座時代のガイドが始まりました!

水瓶座の時代とは?
赤道と黄道が交差する場所、春分点は少しずつずれていきます。
約2160年(!)ごとに、黄道上のどの星座で春分がおきるかが変わっていく。
発見された時には牡羊座にあったけれど、それが今現在は水瓶座にある、という。
(2160年ごとなんて、とてもとても長い時間ですね……)

水瓶座時代の特徴として、一人ひとりがリーダーである、ピラミッドからフラットへ、
コ・クリエイションする、などのキーワードが。

そして色の面からも。
ターコイズとは、ブルーに1滴、イエローを混ぜた色。
ありのまま、安心、受容する、などを表すブルーの意味。
ただ、ターコイズとはまったくのブルーではなくて、歓び、恐れなどを表すイエローが1滴混じっている。
その「ブルーに1滴のイエロー」という、ターコイズが意味するところ……。

オーラソーマの起源、そもそもの成り立ちも、とても水瓶座的なのだそうです。

ミサちゃんの、みなさんからの質問や疑問、関心から場を創っていく、というスタイルも水瓶座らしいものなのかも。
(ミサちゃんご自身も水瓶座)。

それはもちろん、これまでの魚座の時代を否定するのではなく。
魚座の時代に積み上げきたものが、これから水瓶座の特徴として示唆されるような形で発展していく、花開いていく、ということなのかなと私は受けとりましたよ。

午前の部は、ターコイズのボトルを一本選び、近くでボトルを味わう、感じる……静かに目を閉じて瞑想する、という時間で終えていきました。

午後の部に、続きます。

午後の部を含めて、みなさんからいただいたご感想を次のリンクでご紹介しています。
みなさまが受けとったもの、よろしければぜひご覧ください。

【ご感想】1月29日(日)水瓶座時代を100倍豊かに生きたい人のための 喋り倒し瞑想会&オーラソーマワークショップ


【今後のイベント情報】

お申し込みは、リンク先からお願いいたします。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です