コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

新年の計。2017年、あなたは、何が起きればよいのでしょう。

こんにちは、桝田です。

あけましておめでとうございます。
どのように新年のはじまりをお過ごしでしょうか。

私は今年、昨年9月から本格的に学び始めた、クリーン・ランゲージという技法をより深く学ぶ予定にしています。

一昨年の年末に出会ってから、ずっと惹かれ続けているこのクリーン・ランゲージ。
相手の力も、私の力も、ずっと自由にするコミュニケーションだなと私は思っています。

このクリーン・ランゲージを教えていただいている師のお一人、松田依子さんの2015年はじめのブログを拝見して。
私も、クリーンな問いを用いて2017年をどんな一年にしたいのか、考えてみました。

※クリーンな問いを用いると、自分でも思ってもみなかった答えやイメージが出てくることがあります。
それに戸惑う、どうしていいか自分ではわからない、ということが万一あった場合には、必ずファシリテーターの方のサポートを受けるようにしてくださいね。
日本では、ファシリテーター・トレーニングも提供されている斉藤ダソさん松田依子さんのお二人が、個人セッションを提供されています(私の知る限り、です)。


2017年、あなたは、何が起こればよいのでしょう?

自分の力を、さまざまな形で表現できるといい。
表現することによって、私が、私の力を知ることができる。
どのように使うとインパクトがあるのか、私は疲れないのか、私はなにを成したいのか、私が知る。

で、2017年は、自分の力を、さまざまな形で表現できるといい。
表現することによって、私が、私の力を知ることができる。
どのように使うとインパクトがあるのか、私は疲れないのか、私はなにを成したいのか、私が知る。

それが、あなたの思うとおりになる時、それは、なんのようでしょう?

枯渇しない泉。
自在に調整できる。
どれくらいの量、どれくらいの期間、どのような形で水を流していくのか。
流す先にとって足りない水は外から流れを借りるし、必要な水は自分にも取り入れる。
それがいつも自在にできる。

枯渇しない泉。
自在に調整できる。
どれくらいの量、どれくらいの期間、どのような形で水を流していくのか。
流す先にとって足りない水は流れを借り、必要な水は自分にも取り入れる。
それがいつも自在にできる。

で、その枯渇しない泉は、どこにありますか?

腰回り、お腹あたりの内側から、胸の前面につながっている。
以前は私の中にはなにもない、水を貯めるダムだった全身が、泉を中心とした器になっている。
泉に、私の意思がある。

腰回り、お腹あたりの内側から、胸の前面につながっている。
以前は私の中にはなにもない、ダムだった全身が、泉を中心とした器になっている。

泉に、私の意思がある。という時、その、泉に、私の意思がある、は、どんな種類の、泉に、私の意思がある、ですか?

水を貯めるダムの時は、置かれた状況にとって、自動的に私はこうするといい。
でもそれができない私は力が足りない。もっと水を溜めないと。だった。
それが、今は置かれた状況に対して、私はこうしたい。
こうしたい、に対して今ある力を使うこともできるし、使い方を選ぶこともできるし、他の人の力を借りることもできる。
力を使わないこともできる。
そういう、私の意思がある。


……ここまで書いてみて、昨年の一年間は改めて、私にはほんとうに大きな時間だったと感じています。
クリーン・ランゲージを初めて学んだ時に表れたメタファーが、変わってきたんだなぁ。

2016年4月は、自分が水を貯めるダムのよう、そして足元で水を流すための水門がすごく固く閉まっていて。
ほんのすこしでも、水門がゆるんで、流していけるといい、とその時は思っていました。
その水門はもう開いてすでに水は流れていた、と感じて。
これからは、水量をコントロールできるようになりたいと思っている、みたい。

この「泉にある私の意思」につながって、自分の力をどのように使うとインパクトがあるのか、私は疲れないのか、私はなにを成したいのか、私が知る。

クリーン・ランゲージを学び、このメタファーを深めながら、そんな一年にしていきたいなと思っています。

みなさまにとっても、よい一年となりますように!


【ねがい事務所 今後のイベント情報】

お申し込みは、リンク先からお願いいたします。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です