コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

どんな気持ちもすべて、あっていい。と、傍らにいる。

こんにちは、桝田です。

悲しくなって泣いたら被害者?
悲しくなって泣くようなことの前に、なにがあったのだろう。

相手が嫌な気持ちになることをすれば加害者?
相手が嫌な気持ちになることをする前に、なにがあったのだろう。

どちらが悪い、と、いったい誰が決められるのでしょうか。

悲しい、
寂しい、
腹が立つ、
拗ねていたい、
一緒にやりたい、
言い出せない、
わだかまりがある、
強がりたい、
気まずい、
わたしを見て、
近づきたい、
距離をおきたい、

どんな気持ちもすべて、あっていいし、誰にもあるもの。

そうして気持ちがざわつく時に、
拗ねていい、
腹が立っていい、
強がっていい、
悲しんでいい、寂しさを覚えていい。

で、それらを味わって、
わたしは、本当には、なにが起きればいいの?
に、当人がつながったら、そこから道がはじめて見え始める。

その、あなたにとって今「本当に起きるといいこと」はなんなの?
その「本当に起きるといいこと」のために、なにか手伝えることはある?
と、傍らにいる人としてサポートできたなら・・・。

感じた気持ちを、そこから人と関係を築いていく体験を、学びを、自分はできるという自信を、力を獲得する喜びを、自分の血肉とする機会を、過程を、

奪わなくていいのだと思います。


※今後の情報を確認したい方は、このweb、あるいは
ねがい事務所 facebookページをご確認ください。
「いいね!」を押していただくと、最新情報のおしらせが届きます。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です