コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

「できる力があるならば、力のある者がやるべきだ」、という思い込み。

※この記事はへんてこ書房の運営メンバーだった頃に書いたものです。

こんにちは、桝田です。

しばらく続きそうな、傲慢な怒りの親玉話。

「できる力があるならば、力のある者がやるべきだ」という思い込みも、この親玉にはあったみたい。
怒りの正体が明確になっていくと、それに気づくことができるようになる自分の変化にも気づく。
距離をおける。

5歳の娘と1歳の息子と過ごしている時にも、この「できるならば、できる者がやるべき」は、娘に対してすぐ発動する。
息子はまだ、できない。娘はもう、できる。ということが、たくさんあるから。

息子が娘をひっかいて、「いたい〜」と娘が言うと、「はいはい、いたかったね、でもあなたもひっかかれないよう離れなさい」とか。
娘が片づけずに出していた折り紙や書いた手紙を息子がぐちゃぐちゃにすると、「出しっぱなしにしてるからでしょ。触られない場所に置いておきなさい」とか。

今日もそういうことがあって、ただ、いつもとはちょっと違った。

娘をひっかいた息子に、「お姉ちゃんいたいって。いたいのはいやだよ。ひっかくのはやめようね」。
娘に、「大丈夫?いたかったね。こっちにおいで。○○は、お姉ちゃんとあそびたかったのかな」。

そうふたりに言いながら、いままで自分がどう対応していたのかも鮮明にわかって、我ながらあまりに娘に理不尽すぎるな、と苦笑いした。

そして、息子に対しても実は「今はできる時期にないのだから、何を言っても仕方ない」と見ていた、と気づいた。
息子の力は今育っている過程にある、できるという形で表れなくてもすべて吸収している、と信頼していなかった。
彼を「力のない者」に、私がしていた。

これからも、余裕がなければきっと以前と同じことをやるのだろうけれど。

ふたりとも愛していて、とても大事。それに変わりはなく、まったく同じ。
それでも、ひとりめは特別だ。
親としてのはじめてが、私にもたくさん。

存在にも気づくことなく、巧妙に隠しとおして生きてこれた自分の内側の頑丈な扉を、勢いよく叩かれることが日々あって。
いつもいつも怒ってしまう。

いつもごめんねと、いつもありがとうを、ほんとは娘にこそたくさん伝えたい。

「できる力があるならば、力のある者がやるべき」?
その力はあなたが身につけたもので、あなたが幸せに暮らすためのものだ。
いつ何に使うか、使わないか、あなたが自由に選ぶものだ。


【2016年4月17日~ へんてこジャーニーの軌跡】

  1. 世界は危険だ。だから私は……、と、繰り返してきたこと。
  2. 滅私奉公。「私がやればなんとかなる」の、深い闇。
  3. 続・滅私奉公。「私がやらなければ誰もやらない」の、深い闇。
  4. 滅私奉公になりやすい、世界を捉える私の五感。
  5. 滅私奉公脱却の旅。人生で避けていたことをひとつ、避ける必要がなくなったお話。
  6. こどもが怒り、悲しみを感じている時、隣で親ができること。
  7. お金を稼ぐこと、受けとること。
  8. 私の力を発揮することをとめている、私自身の思い込み。
  9. 「私を邪魔しない、聞き分けのよい、いると便利で助かる子」。
  10. 「力をないことにする」ことで、得ている旨味。
  11. いつでも、一人でできるように。 人を頼らないように。 人に迷惑をかけないように。
  12. 私に圧し潰されて、圧し殺されていた、私の悲しみと痛み。
  13. 「できる力があるならば、力のある者がやるべきだ」、という思い込み。
  14. へんてこジャーニーを終えて。「始まり」に立つ。

★へんてこジャーニー:へんてこ書房で企画・開催した、8ヶ月間の自己変容・リーダーシップ開発のプログラム

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です