コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

私の「悲しい」という気持ちは、私のもの。

ちょっと思い出して、深夜にひとりごとを……。

娘と同じ月生まれのお子さんがいる、妊婦さんに会いました。

ああ、娘と同じ歳の彼は、もうすぐお兄ちゃんになるんだね。
そう思いながら、5月に別れた子を思いました。

別れていなければ、今頃は妊娠後期。
最近お世話好きになってきた娘も、お姉ちゃんになれたら嬉しかったかなぁ。
そんなことを思うと、涙もあふれてきました。

5月からこれまでを振り返ると……、別れていたからこその道が、今、足下まで続いていると思います。
素敵な出会いも、機会もたくさんありました。
それに感謝も、歓びも感じています。

ただ、「だからいいじゃないか」と切り捨ててしまうには、あまりにも大切なものなのです。
「あの子を失って悲しい」という気持ちは、私にとって。

「いつ産むか」は選択できる、と産む性である女性の私でも思っていたし、今も多くの人に思われているのだと思うけれど……。
「授かる」ものだった、そんなあたりまえのことを、本当に教えてもらいました。

選択できるとしたら、「いつ産まないか」だけ。
「いつ産むか」を選べるはずだと社会が強いる、ということは、ほとんど「産むな」と同義なのだと思います。

そして、私の「悲しい」という気持ちは、私のもの。
他の誰のものでもないし、私が悲しみを感じるのは、きっかけをくれた妊婦さんをはじめ、誰のせいでもないのです。

私の「悲しい」という気持ちは、……なんというのか、そこにあたたかさもあるのです。
あの子がいた、みんなで楽しみにした、幸せをくれた。
それまで私に見えなかった世界に気づかせてくれた。
それは紛れもない事実だし、あの子の遺してくれたあたたかい記憶と、財産です。

今お腹で育とうとしている赤ちゃんが、みな無事に産声をあげますように。
そして、これまでに子と別れた親達の悲しみ、悼む気持ちが、あたたかなものでありますように……
悲しみや悼みは、悪いだけではなくて、それがあるからこそ輝くものも必ずあると、私は思っています。
時折でいい、少しずつでもいい。
みんながちゃんと自分自身の悲しみを抱きしめられたら、いいなと思います。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です