コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

【開催報告 3】10月1-2日 自分の強みの源を発見・活性化するクリーン・セミナー

こんにちは、桝田です。

 

松田 依子さんをお招きしての、

「自分の強みの源を発見・活性化するクリーン・セミナー」

 

今回の記事までのレポートは、こちらからどうぞ。

 

2日目は、また異なるストレングスについて、

ひとつひとつ本を読み合わせながら理解を深めていきます。

 

「共感性」

「責任感」

など、持っていることが苦しさ・しんどさにつながることもある資質※について。

 

※クリーン・ランゲージを用いると、体験をリアルに味わう可能性があります。

無自覚の状態、あるいは持っていることをご本人が肯定できない状態にある
ストレングスに不用意にクリーンな問いを用いて深めようとすることには
大きな危険がある、とのこと。

ご本人が無自覚・肯定できない状態にあるストレングスについては
このセミナー中だから扱える、という点にご留意いただくようアナウンスも。

 

ストレングスファインダー®は、なにをするときにも無自覚に使っている才能

無自覚であるため、「他の人も自分と同じように捉えている」と思ってしまいがち。

自覚が深まると、これは自分だからそう捉えるのだ、と思えるようになります。

 

1日目と同じく、3人一組に分かれて、

今度は「共感性」「責任感」「着想」を深めていきます。

 

私自身は、「責任感」がストレングスの堂々一位の、責任感グループ。

責任感について、セミナー前に感じていたことをこちらに書きました

 

このグループワークで深めていただいた結果が、こちら。

%e8%b2%ac%e4%bb%bb%e6%84%9f

絵心の関係で見づらいですが、笑

私が最高の状態で責任感を発揮している時は、空港にいる管制官のよう。

 

管制塔の管制室に入る、管制を始める、というのは私の意思。

ただ、勤務を終えれば部屋を出ることもできる。

 

そして、「飛行機が飛ぶ」って、・・・すごいことなんですよ。

私の責任感とは、

自分の仕事は、その、すごいこと全体のほんの一部である。

ほんの一部ではあるけれど、私にできることが確かにある。

できることを、最大限の敬意と誠意をもって遂行したい。

それが、私にできる全体への貢献である、ということなのでした。

 

ああこれ、自覚した時思わず涙が出ましたよ。

そう、最大限の敬意と誠意、なのです。

 

 

グループワークを終え、全体に戻ってきて、みなさんのシェアを聞きながら。

才能を、才能の種を自覚していくって、すごいことだなぁ、と感じていました。

 

その後、好きなことをしている時、について3人でシェアをして。

2日間の振り返りをたっぷりとして、セミナーは終了しました。

 

これまで開催してきたセミナーはすべてそうなのですが、

今回の内容は特に、「自分以外の方がたくさんいらっしゃる」ことで

はじめて可能になる学びがたくさんありました。

8人の方とご一緒させていただき、ご参加くださったみなさまにとても感謝しています。

もちろん、2日間お教えいただいた依子さんにも。

 

みなさま、本当にありがとうございました!

 
 

今回、募集開始後すぐに満席となり、お問い合わせも複数の方からいただきました。

大阪での次回開催は未定ですが、

東京では 2017年3月4日・5日(土日)に、同じ内容のセミナーが開催されるそうです。

 

クリーン・ランゲージのワークショップ日程一覧

(『自分の「才能の源」を発見・活性化するクリーン・ランゲージセミナー

〜一歩進んだストレングス・ファインダー活用術』というセミナーです)

 

次回、関西でのクリーン・ランゲージ関連セミナーは、

来年4月上旬を予定しています。また決まり次第、ご案内させていただきますね。

 


【2016年10月1-2日「自分の強みの源を発見・活性化するクリーン・セミナー」関連記事】

 


※今後の情報を確認したい方は、このweb、あるいは
ねがい事務所 facebookページをご確認ください。
「いいね!」を押していただくと、最新情報のおしらせが届きます。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です