コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

【開催報告 2】10月1-2日 自分の強みの源を発見・活性化するクリーン・セミナー

こんにちは、桝田です。

松田 依子さんをお招きしての、「自分の強みの源を発見・活性化するクリーン・セミナー」

前回の続きです。

お持ちの方が多いストレングスについていくつか理解を深めたところで、今度はストレングスファインダーを少し離れて、クリーン・ランゲージを用いたワーク。

クリーンな問いを体感し、問いに慣れていきつつ、「自分は、この体験をどこでどのように認識しているか?」を自覚していきます。

ここでも、自覚、自覚……

この「自覚」を深めていく時にこそ、他者の存在はとても大きいな、といつも感じます。

ある指示に応える時に、自分にとっては、これがあたりまえ。
それ以外にどうやるの?と思うほど疑いようのない、リアルな認識。

ということを、身をもって体感すればするほど、他の人の答えが自分とまったく違う、という時に、その人にとっては「自分と同じようにリアル」なのだ、とよくわかるから。

そして、その答えとしては誰一人同じ人がいないからこそ、「こうやって認識するのは私だけなのだ」と自覚が促されるのだと思います。

そして次が、いよいよストレングスをクリーン・ランゲージを用いて深めていく時間。

同じ資質を持つ3人で一組、に分かれて、自分にとってのこの資質とは? を、クリーンな問いを用いて深め合っていきます。

こちらの様子は、写真で……

「最上志向」組、それぞれの方にとっての「最上志向」。

20161001%e6%9c%80%e4%b8%8a%e5%bf%97%e5%90%91

 

「個別化」組、それぞれの方にとっての「個別化」。

20161001%e5%80%8b%e5%88%a5%e5%8c%96

 

「適応性」組、それぞれの方にとっての「適応性」。

20161001%e9%81%a9%e5%bf%9c%e6%80%a7

 

同じ資質を持つ人同士、資質はもちろん共通した質感を持ちながらも、「自分にとって」をそれぞれにモデリングしていくと、まったく違う世界観が現れました。
他に持っている資質の質感も、自然と絵(メタファー)に現れています。

あー、これこそまさにクリーン・ランゲージのおもしろいところ!

クリーン・ランゲージによってモデリングされるのは、本当にその方にとってのリアルな内的世界。
どれひとつとして同じものはなく、いずれもが豊かだなぁ、と感じるのです。

レポート記事はすでに2本目となっているものの、まだこれでセミナーは初日。

ちなみに、これまで依子さんが開催してこられたストレングスファインダー®とクリーンのセミナーは、この1日目+より深めたい方へは個人セッション、という形だったそう。

2日間受けてみて改めて思いますが、ほんとここで終わってしまうのはもったいない! と思いますよ。

2日目のレポートに、続きます。

 


【2016年10月1-2日「自分の強みの源を発見・活性化するクリーン・セミナー」関連記事】

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です