コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

あなたにも私にもある、愛と力。そこから創りたい、ともに。

こんにちは、桝田です。

マーニー・デューガンさんの感情解放ワーク 3日目。

ここまでの記事はこちら。

午前は、昨日の解説……身体と感情、感情からのメッセージの関係について。

感情を味わえない時も、味わえないとだめだ、と否定するのではなく。

「押さえ込むことが大事だ」と考え、感じてきた自分がいることを感じるのが大事、とマーニー。

こどもの頃に危険だ、感じてはいけない、としてきた感情も、もう今は大人で、能力的にその感情や感情からのメッセージに自分は呼応することができる、もう安全だ、ということを意識的にも、無意識的にも、身体的にも心から安心し、信頼してはじめて味わえるものなのだと思います。

味わえない自分を責める必要はどこにもない。
身体もまた、感情を通してメッセージを送ることを諦めない。
感情がやってきた時、味わうことなく無視することも、閉じることも選べる。

ただ、味わわれなかった感情は未完了として身体に残り、意識が身体に開いてメッセージを受け取ったら、感情は消えるのだそうです。

どんなことにも、それ自体には意味がなく、私たちの意識が意味づけしているのだと。

ありのままの自分では充分ではない、というパラダイムから意味付けをすると、なんらかの手段で自分を傷つけようとする。

私たちにはそのままで価値がある、ということにうたがう余地はない。

というパラダイムから、ただ、いつもいつも自分の意図を適切に表すわけではない、という理解でいると、その意図はなんだったのか、というところからつながることができる。

自分とも、他の人とも……

不本意な行動をしている/した時、その意図はなにか?なんだったのか?
その意図に適切に呼応するためには? 
と、意図と表現を統合していくためのワークをたっぷりとして、3日目は終了しました。

3日目の朝から既に疲れていましたが、私には3日間が必要でした。

へんてこ書房メンバーとのへんてこジャーニーでさんざん扱ってきた、

あなたには力がある。私には力がない。

ではなくて、本当に私にある意図は……

あなたには、愛も力もある。
私には、愛も力もある。
そこから創りたい、ともに。

ということだった、と思い出すことができました。

 

そしてそれは私に今、もう充分にできること。
それをすることへの真実、情熱がそこに確かにあるならば。
そして情熱がない・なくなった、という真実にも正直にいたい、誠実にいたい、と思っています。

マーニー、みーちゃん、スタッフのみなさん、素晴らしい時間をありがとうございました!

実家の家族、夫やこども達、義両親やご親族にも、心からありがとうを。


【2016年9月24~26日マーニー・デューガンさん感情解放ワークショップ関連記事】

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です