コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

「しっかり自分につながる」に、もっとも大きな影響があること。

こんにちは、桝田です。

マーニー・デューガンさんの感情解放ワーク 1日目。

前回の続きです。

私にとってもうひとつ、大きかったこと。
ペアの方に、私がありがたいと感じたのは、ただそこにいてくださったこと。
そして、それがすべてなのです。

問いかけのタイミングが、とか、言葉が、とか、なんでもよかった。

ただ、私がそのテーマをしっかり味わう、と決めて臨んだから。

そして私が決めて臨んだ、そのことがもっとも、しっかり味わえるか、自分につながれるかどうかにとって大きなことだ、と実感することできました。

そう、それって私がセッションを提供する立場になった時も、……まったく同じなのですよね。

もしいいセッションが行われた、という時、大きいのはクライアント自身の力。
私が優れたセッションをする人なのかどうか、ではないのだと思います。

クライアントがそのテーマをしっかり味わう、と決めて臨めるようにセッションを提供する側として安心と信頼を創り出すこと、勇気づけること。

それはクライアントがセッションで味わうと決めて臨む前までのことで、セッションの時間は、しっかり味わえるように私が邪魔をしない。

その結果、何をどれだけ、どんなスピードやどんな深さで味わうかどうかは、クライアントが、クライアント自身の力で、その時の最善をいつも選ぶこと。

クライアントは自分の感情をしっかり味わう、と決めることができる。

クライアントは自分の感情をしっかり味わうことができる。

クライアントには自分の感情につながり、自分に変化を起こす力がある。

私が、自分の意思でしっかりと私自身についてそのプロセスを踏めたことで、これから私がセッションさせていただく機会のあるクライアントさんの、そのプロセスもこれまで以上に安心してその力を信じ、見守ることができるな、と感じています。

クライアントには、私には、力がある。
あなたにも、私にも、誰にも、力がある。

とても大きな、自ら幸せになる力がある。

最後の瞑想ワークで出会った、幼い私は、駆け出していって、それを言って回りたかったのでした。
歓びとともに、ほら、ほら、と。

「私がみんなを幸せにする!」

それはもう、終わりにしたいし、していいのだ。と今、心から思っています。


【2016年9月24~26日マーニー・デューガンさん感情解放ワークショップ関連記事】


【ねがい事務所 今後のイベント情報】

お申し込みは、リンク先からお願いいたします。

◆10月1日・2日(土日) 自分の強みの源を発見・活性化するクリーン・セミナー 松田依子さん 満席

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です