この一年を振り返って。2018年、何が起きたでしょう……

こんにちは、桝田です。

2018年がそろそろ終わります。
どんな1年だったかなぁ、と振り返ってみました。
(ほとんど自分のためのメモですが)

2018年の年初に描いていた「起きればいいこと」は、「海面の上にある小さな1艘」でした。

それは現実にはどうであったのか……? ひと月ごとに、書いていきます。


1月

大阪から始まりました。

前年12月にファシリテーターになり、初めての2030SDGsイベントを2回、大阪で開催し。
クリーン・ランゲージの一日ワークショップも初めて開催し。
「自分が前には絶対立たない」と思っていた私にとって、チャレンジから始まった一年。

後半には、星のまなびばリーダーたちの合宿
観ていることが、役割のひとつだなと感じるような。

イマココラボではお問い合わせが急に増えてきたので、自分がやる→お願いする、判断する、に仕事の内容が一部変わっていきました。

2月

WSに参加し始めて数回、WSで教えていただくのみながら、日野先生のお誕生日パーティへ。

友人たちに声をかけて、東京でも初めて2030SDGsを開催。

クリーン・ランゲージの先生である松田依子さんに、「ビジネスヒアリングのためのクリーン」をお願いし、そのご相談を始めたのがこのあたり。

娘の入学・息子の転園準備で気持ちの余裕のない年度末。
娘が習い事を始めて、習い事の保護者という私の関わるコミュニティもひとつ増えることに。

3月

芦川のアシガワ・デ・クラッソへ、家族で旅行に。美味しくのんびりさせていただきました。

秘教セミナーへ、すこーし世界観をのぞく……

渋谷聡子さんをお招きして、中西れいこさんリードでのNVC×12サインの星のまなびば。
コミュニティの価値観、大切にしているもの、は、言葉だけではなく雰囲気、目に見えないものにとても表れるなぁと感じた一日でした。

前職同期の結婚式のお祝い。懐かしい方々に再会。

4月

娘の小学校入学。学童開始。息子の転園。
など、新生活対応で終わったひと月。

5月

星のまなびばリーダーの小林あきちゃん、北尾まゆみちゃんとも同期で、占星術の未来予想編。(まだレポートが途中なのですが……)
未来にも過去にも時間軸を動かして、予想ができるのは占星術ならではだなと。
ただそれでもやはりホロスコープに「自由意思」は書き込まれていない。
どうするのか、どうしたいのか、の選択は自分自身や私たち自身にある。

斉藤哲さんに声をかけていただいた、パパのみでの2030SDGs。
プログラム構成に反省は残りつつ、お父さんたちだけの会話に交えていただいて、そうかお父さんってそう思っているのねという発見も楽しい時間でした。

6月

クリーン言語、カイ・デイヴィス・リン先生のセミナーへ。
トラウマワークを行う意思も技量も私にはないけれど、clean languageがどのような発展をしてきたのか、またカイ先生のセッションを複数拝見できて、得るものが大きかったです。

8月、新長田で2030SDGsをやりたいと声をかけてくれた、高松珠生ちゃんとオンラインで相談。
クリーン・ランゲージ仲間でもあるので、クリーン・セットアップでイベントへの意図合わせ。
(私のメタファーは先輩助産師、イベントって、生まれてきちゃうものだから)

7月

関口シュン先生にお願いしての、占星術家のためのスキルアップセミナー。
星のまなびば企画チームメンバーでのミーティングがまたいつも楽しかった!
~自分のために楽しむ占星術から、誰かのために役立てる占星術へ~というサブタイトル。
「クライアントへの信頼と、自分の用いる技法への信頼」を問われるような時間でした。

松田依子さんにお願いしての、ビジネスでのクリーン・ランゲージの初回開催も7月。
「実践で使いやすい」というご感想もあり、発案・企画者としてもとても嬉しく。

そして、自分のクリーンのセミナーも半日でどれくらい可能なものかなと、「夏の計」をトライアル開催しました。

塚本サイコさんの4回セミナー初回。新しい方々との出会いも楽しく。

イマココラボの2030SDGs定期イベントでもファシリテーションを始めた月。

8月

帰省の往路に愛知の友人の家に立ち寄り、関西へ。
ABDファシリテーター講座に参加。日本全国から集ったおもしろい人達ばかりでした!

そして、新長田にあるはっぴーの家ろっけんという不思議な場での2030SDGs夜開催。
たくさんの方にお越しいただいて、私もとても楽しい時間でした。
「この時間に、ノンアルコールでここまで盛り上がっているイベントはない」と、社長の首藤さん。笑

京都で大学の旧友と再会!

2030SDGs、で山形に行ったり長野に行ったり。

9月

うめむらまゆみちゃんが声をかけてくれて、親子家族で2030SDGs!
親子一緒に、の難しさを感じながらも。
こどもからの純粋な質問や疑問、それに答えようとする大人の真摯さは、見ていてあたたかい気持ちになりました。

原宿でキティちゃんと2030SDGs。
このときの様子が動画でも配信されています。
大学時代の友人とのお仕事でした。嬉しかった~。

クリーン・ランゲージ・ジャパンでの来年夏にある大きなイベントに向けてのプロジェクトキックオフ。
こちらも今からとても楽しみです。

イマココラボで私は何をしていくのかを相談しながら、やっぱり「表に出ない」を選ぶ自分のメンタルモデルにも向き合わされる月後半。
というタイミングに、用意されたかのようなセルフリーダーシップ合宿……。
イマココラボのお二人には感謝しかありません。

高橋裕子ちゃんに招いていただいて、「クリーン・ランゲージで今年後半の計」を開催しました。

10月

こども達と箱根旅行。そして保育園の友人9家族でキャンプ。

イマココラボ合宿、クリーンコミュニティ第一回合宿、長野出張と一泊続き……

長野では小林あきちゃん、今井りつこちゃんとの再会、秋の長野を楽しみつつ、イマココラボ主催での2030SDGsを夜と午前、開催しました。
自然の隣で、自然とともに生きている方々なのだなと土地柄を感じるような。

東京でも、声をかけていただいてではなく純粋に自分の主催で2030SDGsを始めました。

日本人の意思決定や行動の特徴はどんな文化や歴史から来ているのか? という話題を肴にあーだこーだ語る、私にとってはたいへん学び深くありがたい、謎な、しかし異様に楽しい会のキックオフ。

11月

アダム・カヘン氏ワークショップ、「敵とのコラボレーション」。
敵であれ手を組まなければ道はない、という状況や関係者の覚悟を創り出すことそのものがまずとても難しいのだろうなと感じる時間でした。

高橋裕子ちゃんに声をかけてもらった、2030SDGs。
普段出会うことのない人と一緒にプレイする、というおもしろさが私は好きだなと特に感じた回。

大阪での、クリーン漬けの4日間。
たこ梅さんでのスタッフ研修にお邪魔して、「職場」という関係性のある方々でそれぞれの「最高の状態で働く」メタファーを共有するってパワフルだなぁと胸が熱くなったり(五代目社長てっちゃん、ありがとうございます!)。
チームのためのクリーンは、経験や近い背景のある少人数の方々だったこともあり、高度な内容でした。

イマココラボの2030SDGsファシリテーター向け、振り返り講座。
NLPや脳科学のお話、ワークショップデザインとその実例を体現して見せてくださるなど、学びしかない2日間。

直接には関わらなかったけれど、心にあった長野・松本での12サインの星のまなびば。

12月

岡部有美子ちゃんに声をかけてもらっての2030SDGs。
懐かしくおもいがけない再会もあり。

保育園の11家族、大人こども40人超でのクリスマス会幹事。

そしてクリーンの実践スキルアップ。
クライアントさんとのセッションや練習会等で、意識しないうちに理解が進み身体に入っているな、と感じた回でした。
難しさを感じていた、「他の人が(先に)こうしてくれたら、自分はできる」という類のクライアントのロジックがある場合にどのように進めていけるのか、実際にセッションを通してクリアになったことも大きかったです。

SDGs de 地方創生ゲーム体験。
2030SDGsとはまた目的やメッセージの異なる、現実にある喫緊の課題とその影響に意識の向くゲームだなと。

11月から続く、イマココラボの2030SDGsファシリテーター向け、振り返り講座。
プログラムデザイン、驚愕のフラフープ(アイスブレイク)、ファシリテーションのフレームワークを教えていただき、そしてそれぞれの今後のための時間と。


年初に描いた2018年「海面の上にある小さな1艘」は、まさにそのとおりで、いろいろなところへ出かけていく一年でもあったけれど。
9月頃からまた違う流れも始まってきたように感じています。

そしてたった今起きていることとしては、2、3周回ってずっと以前から変わらない自分の関心に着地した感覚。
「たった今、の個であること」と「それが可能であり続ける社会」。

どこまでも個に対して問うクリーン・ランゲージと、地球の能力の限界と貧困をつくり出す社会システムの限界を我々に問うSDGs。
私たち自身もその一部である宇宙の状態も、その背後にあることを知りながら。

社会構造を考えるにはややミクロ過ぎる、マクロ過ぎる、といつも感じるものの……
とてもいるべきところにいる、と感じている年の瀬です。

今年も大変お世話になり、ありがとうございました。
よいお年をお迎えください。


【ねがい事務所 今後のイベント情報】

お申し込みは、リンク先からお願いいたします。