コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

【開催報告】4月11日昼・お母さんのためのオーラソーマワークショップ

4月11日の昼に開催した、お母さんのためのオーラソーマワークショップの開催報告です。

コウノミサさんをお招きして。
4名の方にご参加いただき、4人のお子さんとも楽しい時間を過ごさせていただきました。

今回のテーマは「うまれた、その時」。

【私として今日うまれ直す】という意図のとおりに、その準備のできている方々がいらっしゃいました。
ワークショップ中の一枚。(ゆるっ)

20140411オーラソーマ

 

「ありのままの自分」
「自分らしさを認める」
などなど、いろいろな表現があるけれど。

私にとっては、「諦める」がいちばん近い感覚です。
自分であることを諦める。。。
なんかそれ、もう、しょーがない。
自分として生きていく。
それは、気に入らない癖、隠したい気持ち、痛みを覚えた経験、それらもすべて自分が引き受けたものとして、ともに生きていくこと。

それは、時にとても恐ろしいことでもある。
そんなもの引き受けた覚え、ないもの。ないない。全然、ない。

ないけど、・・・自分なんだ。
もう、それ、しょーがないよね。

癖は魅力になる。
隠したい気持ちこそ共感を呼ぶ。
痛みを覚えた経験は、想像力や原動力になる。

うまれた、その時。
記憶にすらない、あの時も。
泣きながら、うまれてきたね。

泣きながら、笑いながら。
今日がみなさんのハッピー・バースデー。

20140411オーラソーマ-2

私も「悟りが響く場」として生まれましたよ。はい、潔く諦めます。

お越しくださったみなさま、ミサさん、ありがとうございました!

 

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です