コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ご感想:「クリーンランゲージって何だろう。それってやっぱり愛だよね」

こんにちは、桝田です。

ご協力いただいている、クリーン・ランゲージ シンボリック・モデリングのセッションモニター。
ご感想をいただいたので、ご紹介しますね。

受けてくださったのは、ProBodyDesigner/Affective BUST therapistの益本香織さん。

香織さん、ありがとうございました!

-セッションを2回受けられてのご感想をお願いします。
-日常の中で、もし変化を感じることがあれば教えてください。

セッションを受けてみて初めに思ったのは
わたしこんな風に思っているんだ。
ということ。

セッションの中では
私が発した言葉をそのままの言葉を使って
会話してくださるんですが
そうすることで自分が何を感じているのか
よりはっきり認識することができました

例えば、私が「石ころみたいに感じた。」というと
「その、石ころみたいに感じだものは・・どうあればいいですか?」みたいな感じです。
正確には問いが違うと思いますがこんな感じです

普段自身が使っている言葉や心の中で感じている思いって
水蒸気のようというか
粒子のようで
なかなか自分では実態を認識できない。

想いを発言せねば勿論しっかり認識できないし
発言したとしても
風のようで発した端から通り過ぎていくから
自分がどう思っているか
しっかり受け止めることがなかったりする。

しかも向き合いたいと思っているテーマに関しては
自分で無意識だったり意識的に
フタをしちゃったり、見ないようにしたり
感じないようにしたり、
オブラートに包んじゃったりしているからなおさら。

自分が通り過ぎてしまっている言葉から深く潜って
自分の中と会話していくことは
私がはっきり認識できていなかった蒸気のような想いたちを
物質化していく作業のようでした。

そしてあったりまえのことなんですが
自分の中にある当たり前って
本当に当たり前すぎてなかなか認識できないということ。

セッションを感じで
わたしの当たり前はこう思っているんだ
という感覚を改めて感じることができました。

ひとりひとりの言葉の中に定義があって
それは一人一人違うということ
もちろん「ただの違い」であって良しあしではなく。
自分の中の当たり前や思いがそこにあるということ。

あやこさんのセッションは
とても真摯で、ゆがめないのです。

それはこちらが発した言葉をそのまま使うから。
誘導しようとするわけでなく
自分で自分の中に潜っていく
自分のチカラで自分の想いを大事にしたり和解したり
気づいていく。

なんていうのかな
自分自身にとって安心安全というか
自分の「今」の気持ちを大事してくれるセッションだなと感じました

依存したいわけじゃなくって
自分の気持ちを大切にしたくって
だけどちょっとしたサポートがほしかったり
ヒントがほしかったり。

自走していく中で
ちょっと休憩できる木陰がある。

そんな木陰のような存在だなと思いました。

今のわたしと向き合いたい人
対話したい人、アドバイスがほしいわけではなくて
自分でやっていきたい人
そんな人にお勧めだと感じました。

私はセッションで
すんごく硬くなった石ころみたいな頑なな思いが
2回目のセッションを受けるころには
大きな畑に広がる小さなそれらみたいな感じで
フォーカスすることがほどんどなくなっていきました。
ただそこにある。とか、認めた感じなのかな。

だたありのままである
今広がる世界を受け入れられた感覚でした。

あやこさんありがとうございました。

益本 香織さん/ProBodyDesigner, Affective BUST therapist

香織さんは、大阪にいた頃からのご縁で。
お会いした時とはいろいろとお互いに状況も変わっているのですが、どんな時も美しさを愛し、追究されている方だなぁと思います。
香織さんらしい、豊かな言葉の紡がれるご感想だなと、とてもありがたく感じています。

ご自身のブログでもご紹介くださいました。
また、香織さんはお二人目の出産で活動を休止されていましたが、春から再開されるようです^^

クリーン・ランゲージ(シンボリック・モデリング)の正式なセッションは、2月中旬から始める予定です。
詳細はこちらをご覧ください。

個人セッション


【ねがい事務所 セッション・今後のイベントのご案内】

個人セッション、2月より受付いたします。

◆イベントのお申し込みは、リンク先からお願いいたします。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です