コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

クリーン・ランゲージ(シンボリック・モデリング)と、私。その4

こんにちは、桝田です。

私がクリーン・ランゲージに惹かれている理由、感じていること。

 >>>前回はこちら 

今回は、どんな方にクリーン・ランゲージをおすすめしたいかな、ということを書いていきますね。

クリーンな問いに答えることは、自覚を促します。
自覚を促す、ほんとそれだけ、と言ってもいい。
状況に対する、自分の感じていること、認識していることを、自分でていねいに見ていきます。

この状況を、「私は」どのように認識しているのか? そこに、何を「私は」望んでいるのか? ということを、「ご自身が知る」ために、クリーン・ランゲージはとても役に立つものです。

一見、時間はかかりますが、自分の望むことに対して取り組み続けようとする限り、確実に違和感のない、望んでいる結果にたどりつくことを助けるでしょう。

また他の人とコミュニケーションをする時にクリーンな視点を取り入れることは、お互いを尊重するコミュニケーション、文化を育てていくことに役立ちます。

当然のことですが、ある状況を「どのように認識しているのか」は、人の数だけ異なります。
ただ、それを私たちは普段、忘れているものです。相手も自分と同じものを見ている、あるいは見ていて欲しい、と思っている。

クリーン・ランゲージを用いて相手の話を聴いていくと、相手と話が通じない、と感じる時、何が噛み合わないのか。今、自分の認識はどのようなものか? 相手の認識はどのようなものか? そこにはどんな違いがあるのか? が、明らかになります。

それぞれの実感をともなって、自分や相手に今あるものをテーブルの上に明らかにするところから。そして、ではどうしよう? と考えていくことを、クリーンな問いは助けます。
オープンに、フラットに、それぞれが本当に情熱のあることへと、自立していくことにつながるでしょう。

セッションを受けてすぐや、一度や二度のセッションでは何がこれまでと違うのか、変わったのか、わかりづらいかもしれません。
ですが、望んでいる方向に向かっていきたい、という気持ちがあるならば、ゆっくりとでも確かに向かっていきます。
時には変化に気づかないほどのスピードであるかもしれませんが、人間にとって自然なスピード……新しい考え方、行動にみずから許可を出して、実際に受け入れていく、という時、その人自身にとって無理のないスピードで変化が起きていきます。

一時の気休め・高揚感ではなく、自分にとって必要な時間をかけても確実に望む方向に向かいたい、という意志のある方には、とてもオススメのセッションです。


【私が、クリーン・ランゲージに惹かれている理由】

  1. クリーン・ランゲージ(シンボリック・モデリング)と私。
  2. クリーン・ランゲージ(シンボリック・モデリング)と私。その2
  3. クリーン・ランゲージ(シンボリック・モデリング)と私。その3

★クリーン・ランゲージって何? という方は、こちらをご覧ください。

★セッションメニューは現在準備中です。2017年秋頃の開始を予定しています。

★私自身のクライアント体験、養成講座の受講記録などは、以下のページをご覧ください。

クリーン・ランゲージの記録

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です