コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

【開催報告】8月18日(金)嘉村賢州さんをお招きしてABD(Active Book Dialogue)「未来が見えなくなったとき、僕たちは何を語ればいいのだろう」

こんにちは、桝田です。

8月18日(金)に、嘉村賢州さんをお招きしてのABD(Active Book Dialogue)を開催しました。

ABDとは、テーマの一冊をその場に参加されるみなさん全員で読み、その本を元に対話をする、という読書法です。
(詳細は、イベントの開催概要をご確認くださいね!)

今回の一冊は、ボブ・スティルガーさんの『未来が見えなくなったとき、僕たちは何を語ればいいのだろう ――震災後日本の「コミュニティ再生」への挑戦』
みなさんで一冊を読んでいく、という体験はどのようなものなのか、とっても楽しみにこの日を迎えました。

ABDは、具体的には以下の3ステップで進んでいきます。

    1. まとめる:一冊の本を分割して、集まった人で担当を決めて読み込む。決まった枚数にプレゼン資料としてまとめる。
    2. 発表する:資料をつなげて張り出し、本の順番に各自がプレゼンしていく。
    3. 対話する:気になったところについて、対話をする。

目的に応じて、対話の時間を多くしたり、同じテーマの本を何冊か一緒に読んだり、工夫は自在にできそうです。

チェックイン、自己紹介の後に、では早速! 一冊の本を、(物理的に!)分割しますよ~。

「師匠の本なので、ちょっと緊張しますねー」と賢州さん。

ABDが初めての方ばかりだったので、まずはABDの形式に慣れましょう、とゆっくりペースで進めていただきました。

序文と1章あたり、一人1~2枚の分量を各自読み込み、B5・2枚にまとめて。
まとめ終わったら本の順に発表していきます。

本の前半を、同じように分割して分担します。分量が増えて、B5のまとめも6枚の分量。
みんな真剣にまとめていきます。
「ぜんぶまとめようとしなくていいですよ、自分の印象に残ったところだけ、とか思い切って削るのもポイント」と賢州さん。

まとめた後は、資料を張り出して、また順にリレープレゼン。自分のまとめた部分を、3分で発表していきます!

3分なので、ここも削るのがポイント!

後半も同じように分割してそれぞれまとめる→つなげて発表する、と進めて。

みんなで一冊を読み切りました!!

「読書」ではあるのですが、著者のボブさんに立体的に教えを受けているような……不思議な感じでした。
読んで満足、ということもあるとは思いますが、この本やテーマをさらに知りたい、この部分を知りたい、一人で読み直したい、という気持ちにもなる気がします。

◆ABDのよいところ

私の感じたABDのよいところは、以下の点です。

  • 自分一人では飽きてしまう文章量の一冊も、集中して担当分だけ読めば、本一冊が読める!
  • みんなにシェアする、というアウトプットが直後にあるので、一人で読む時よりもインプットとまとめに集中できる
  • 他の人のまとめを聞いて、自分の担当部分のメッセージの意味がよりはっきりわかる。謎解きのよう

◆ご参加のみなさんの、チェックアウトの言葉から……

  • 著者のボブさんの魂に触れるような時間だった
  • 一人ではここまで深く読めない。この本がより大切な一冊になった
  • すごい達成感! みんなでやり遂げた!
  • 自分の担当する部分が、無作為に選んだはずなのに、今の自分にとって大きなメッセージだった
  • 自分の関心では読み飛ばしてしまいそうなことも、他の人がその人の視点で拾い、まとめていて、読んだ本なのにこんなことが書いてあったのかと再発見があった

◆ABDに向いている場面

世の中にはたくさんの読書法があると思いますが、ABDに向いているのでは、と私が感じる場面は以下のような場合です。

  • 学習の前提となる共通認識をコミュニティ、チームのみんなで持つ
  • 同じ領域の専門家で集まり、専門知識を深くインプットする
  • 話題の本を囲んでみんなで語り合う
  • 苦手なテーマを、他の人の力を借りてなんとか全体を知る!
  • 共通の関心の人と、本を通して出会いたい

賢州さんから、離島の町の学生さんが、著者を招くなどはなかなか難しい中、ABDを使って自分たちで学びたいことを学んでいる、というお話もあり。
どんな場面で、という点にも、いろいろな可能性がありそうな読書法だなと、広がっていくのが楽しみです。
受講された方もそれぞれ、やってみたい! というお気持ちで帰られたようで、とても嬉しく。
(早速、話題の『なぜ弱さを見せあえる組織が強いのか』でABDを企画されている方も!)

賢州さんを含む有志の方々でABDの無料マニュアルも作られていますので、関心ある方は以下のリンクからダウンロードください。
 → http://www.abd-abd.com/

私自身は、以下のようなテーマでABDやってみたいなぁ、と今のところ考えています。

  • 生き方、働き方のこと(ライフ・シフト、ワーク・シフトなど)
  • 暮らしと社会のこと(政治がわからないまま社会人になってしまった人へ、など)
  • 歴史、近代史のこと(よい本があれば~)
  • クリーン・ランゲージ仲間と、クリーン・ランゲージの原著を読みたい

ご興味、ご要望がありましたらぜひ。
他の方で本を楽しむ、本をもとに自分にあるものを語り合う、という時間を持てたらいいなと思っています。

ABDという体験を通して、本を書かれた方々のすばらしいアイディアが、本は読み切れない、苦手という方にも活き活きと広がっていくといいなぁ。
今後のABDの広がりや可能性もまた、とても楽しみです。

ご参加のみなさま、賢州さん、本当にありがとうございました!!


【ねがい事務所 今後のイベント情報】

お申し込みは、リンク先からお願いいたします。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です