コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

サイン編(3)~「自分が自分をつくる」、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座。:関口シュン先生の心理占星術基礎講座 第6回

こんにちは、桝田です。

関口シュン先生の心理占星術基礎講座。
今度こそ本当に、いよいよ各サインの詳細! に入っていきます。
4サインずつ1記事で、ポイントだけご紹介していきますね(とはいえ、盛りだくさんで長くなってしまいますが……)。
これ以上の詳細をたくさん語ってくださるので、気になる方はぜひ講座をご受講ください!

4サインでの区切りは、ステージ。
成熟する中で学ぶ主たる目的が、ステージによって異なると言われています。
1stステージ、最初の4サインは魂の世界からこの地上にやってきて「自分が自分をつくる」ことが学び、テーマとなるサインです。
火・地・風・水それぞれ1サインずつ。
牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座が1stステージのサインです。

12サインはつながりあい、単独では存在しないもの。
12サイン全体の成り立ちについての記事や、各サインに共通している他サインとの関係の記事も併せてご覧くださいね。


♈ 牡羊座 Aries

牡羊座らしさ

  • 2・3・4区分:+ 活動 火 (意識が外に向かい、すぐに動く行動特性を持ち、情熱的)
  • 支配天体:火星
  • キーフレーズ:I am.「私は、在る」
  • テーマ・体験したいこと:自立心、リーダーシップ

牡羊座を成熟させる5サイン

  • 前後のサイン:♓魚座を土台に、♉牡牛座に向かう。
    すべてはひとつ、という魚座の世界から飛び出した、まだ肉体を持つ前の「エネルギーそのもの」が牡羊座。肉体を持ち、地に足をつける牡牛座を目指す。
  • 反対サイン:未熟なうちは未熟な♎天秤座の真似をしようとする。
    他の人の目から見える自分が気になり、相手が自分の中心を占める。相手の中に埋没しようとする。
  • スクエアサイン:♋蟹座と、♑山羊座。
    蟹座的「仲間を大切に」、山羊座的「結果を出せ」という視点と、牡羊座らしさ「自分は自分、気になるものをすぐ体験したい!」の間に葛藤を感じやすい。

牡羊座の未熟な姿=闇・悩み

  • 一人で飛び出してしまい、あせっている。一人では何もできない小心者。
  • いつも他の誰かに関心がある。他を助け、支えることばかり……自我意識が欠如している。
  • 完璧なパートナーがいないと生きていけない。支えられたい、公平さがないと怒る。
  • 強引、無理矢理に相手を振り向かせようとする。勝ち負けにこだわる。相手の自立を阻み、人の依存をつくりだす。
  • 自分の中の直感を無視し、こうした方がメリットがある、という計算が入る。
  • 自己愛を忘れてしまう……言わずに引っ込めてしまう。

成長への鍵

自分を愛する、自分を好きになる。自分を公平に扱う。

牡羊座の成熟した姿=光・可能性

  • 自立心、一人で生きる。勇気を立ち上げる。自分を見つける訓練をする。
  • 戦士を目指す。自分と戦う人。
  • パートナー、二人の関係に独立心と個性を認める。一人と一人の個人として相手を支える。
  • 依存を克服する。自分が、自分のベストパートナーである。自分を育てる。
  • 自己主張する。正直に話す。素直さから対話し、能力を分かち合う。
  • 自分を新しく始める。直感に従う、いい人になろうとしない。
  • 相手を支えるための、創造的な方法を教える。その人だからこその具体的、実際的な方法を創造する。

牡羊座の象徴

火。
力を余さない。今すべてを出し切ることで、道が拓ける。
一点集中! テーマを絞る!
今、大切にしたいことは何か?
私の目的、本当のねがいを自問すること。見極めること。
「生きること」に夢中になること。


♉ 牡牛座 Taurus

牡牛座らしさ

  • 2・3・4区分:- 不動 地 (意識が内に向かい、なかなか動かない行動特性を持ち、現実的)
  • 支配天体:金星
  • キーフレーズ:I have.「私は、所有する」
  • テーマ・体験したいこと:自信に満たされる

牡牛座を成熟させる5サイン

  • ひとつ前から、ひとつ次へ:♈牡羊座を土台に、♊双子座に向かう。
    肉体をまだ持たないエネルギーだった牡羊座の世界から、肉体を得て地上に立ち、「全身で味わい、喜んでいる」牡牛座。自分を確立し、客観性を得る双子座を目指す。
  • 反対サイン:未熟なうちは♏蠍座の真似をしようとする。
    自分の価値づけ、決断を相手に委ねる。自分を所有されるようにして、相手を所有・コントロールする。
  • スクエアサイン:♌獅子座と、水瓶座。
    獅子座的「堂々と、希望を与える自分である」、水瓶座的「それぞれ個性がある、個性ある上での平等」という視点と、牡牛座らしさ「自分の欲望に忠実に、愛でる」の間に葛藤を感じやすい。

牡牛座の未熟な姿=闇・悩み

  • 自分を過小評価する。
  • 人と比べる、羨む。他の欲望に振り回される。
  • 不安から、自分をわざと大きく見せる。権力を乱用する。
  • 価値あるものを所有する、独占する。
  • 相手のエネルギーがあれば自分は満たされる……そうすれば私は安心、安全、安定。と、相手からの認知を栄養とする(もの、愛情、お金など)。
  • 自分を差し出し、必要のないリスクを冒す、自分を危険にさらす。相手に差し出したから、これで人生を満たすなにかになれる、と錯覚する。

成長への鍵

自分の身体、暮らし、居場所を愛する。
持つものを選ぶ眼を持つ自分を認めること。持っているものをまず愛でること。

牡牛座の成熟した姿=光・可能性

  • 自分を信頼する。自分の価値を認める。他人に頼らないシステムを築く。
  • 自分の価値観・五感で、自分の人生を物質的に豊かにすることに集中する。資源は相手にはない、自分で耕す。
  • 自分の求めているもの(欲望、ニーズ)に忠実になること。
  • すでに価値は持っている! と自覚する。
  • 相手との境界性を知る。独立独歩、ベストを尽くす。すべてのリスク(暴力等)を避けること。
  • ゆっくり、じっくり、目的に向かって待つ。焦らない。
  • (羨ましいから、ではなく)自分の価値を知った上で、人のものと比べて見る。

牡牛座の象徴

大地。
人の営みを支える大地を耕し、踏み固める。
豊かな恵みを生み出す母胎。
生命を愛でる。可能性を開花させる。
ずっと見守り続ける心を育てる。
中心ではなく、縁=大地となって支える。


♊ 双子座 Gemini

双子座らしさ

  • 2・3・4区分:+ 柔軟 風 (意識が外に向かい、人に合わせる行動特性を持ち、知性的)
  • 支配天体:水星
  • キーフレーズ:I know.「私は、知る」
  • テーマ・体験したいこと:周囲に出会いと縁をつくる。わかりあえる喜びをもとめて

双子座を成熟させる5サイン

  • ひとつ前から、ひとつ次へ:♉牡牛座を土台に、♋蟹座に向かう。
    牡牛座の知っている「全身で味わい、喜ぶ自分の価値・自尊心」を、「相手とコミュニケーションし、わかり合おう」とする。情報だけでなく、感情を交わす蟹座を目指す。
  • 反対サイン:未熟なうちは♐射手座の真似をしようとする。
    自分はすべて真理をわかっている、という、他の人よりも高いところから教えようとする。
  • スクエアサイン:♍乙女座と、♓魚座。
    乙女座的「完璧に、正しくある」、魚座的「絶対的なものに守られている、私たちはひとつである」という視点と、双子座らしさ「たくさんの違った考えがあり、表現がある」の間に葛藤を感じやすい。

双子座の未熟な姿=闇・悩み

  • 一方的で独善的な好奇心や正義。
    他人の話は聞かない。自尊心、エゴで好戦的。
  • 自分は正しくあるべき、深く考えすぎる。
    コミュニケーションを遮断し、一人で勝手な行動をする。なんでも自分でやるクセ。
  • 自分の感情を否定、恐れる。深い心の部分を知られる恐れ。
  • 客観的に自分を見る、が一人でできて完結してしまう。でも相手は違う。こわくてたしかめられない、できない。
  • 落ち着きがない、飽きる、自己価値の分散。
  • 楽観主義、初心、目的を見失った状態。

◆成長への鍵

人の話を聞く。他人の協力を仰ぐ。間違い、誤解はOK!
正直な感情を伝える。相手が正直でいられるように。

双子座の成熟した姿=光・可能性

  • 多くの違った考え方によって自分が磨かれていくプロセスを楽しむ。
  • 自分の意見を外から照らし、他人の意見と照合する。
  • 心の二面性、二律背反を表現する。矛盾、葛藤を評価する。
  • さりげなく抜け道や救いをもたらすこと。別の視点を与える。
  • 表現のバリエーションを持つ。心からわかり合える絆を実感したい!

双子座の象徴

風。知恵と光=心に息づくねがい。
我意を超えた願いをよみがえらせる。
自らをはみ出し、その時その場で。
奉仕すべき生命と願いを見出して一心に生きる。
閉塞した状況に風を呼び込む。


♋ 蟹座 Cancer

蟹座らしさ

  • 2・3・4区分:- 活動 水 (意識が内に向かい、すぐに動く行動特性を持ち、感情的)
  • 支配天体:月
  • キーフレーズ:I feel.「私は、感じる」
  • テーマ・体験したいこと:育ち合い、守り合う愛

蟹座を成熟させる5サイン

  • ひとつ前から、ひとつ次へ:♊双子座を土台に、♌獅子座に向かう。
    双子座の「わかり合える喜び」を、ハサミに入れて「大事に守ろう」とする。大事なものを相手に与えていく、周囲を自ら照らす獅子座を目指す。
  • 反対サイン:未熟なうちは♑山羊座の真似をしようとする。
    「自分に能力がある、できることがある」ということに価値を置く。目標の実現や結果・責任にこだわる。
  • スクエアサイン:♎天秤座と、♈牡羊座。
    天秤座的「みんな公平に、都会的センス」、牡羊座的「自立、挑戦し続ける」という視点と、蟹座らしさ「親しみやすく庶民的に、気心の知れた仲間と守り合い、育て合う」の間に葛藤を感じやすい。

蟹座の未熟な姿=闇・悩み

  • 特に初めての相手に、自己防衛が働く。無愛想になる。
  • 感情を表すことに恥じらいがある。生きることへの恥ずかしさ、こんな私が生きていていいのだろうか、という根源的な捨てられる恐れにつながる。
  • 自分がここにいていい理由をつくるために、相手を世話しようとする。コントロールする、仕切る。過保護、過干渉。
  • 自分のまわりをなんとかすれば、私は安心だと考えている。
  • 人を世話することも好きだけれど、人に世話され、愛されもしたい。相手の気持ちを確かめるために、自分がHomeになる役割なのに、相手のHomeに出かけていく。

成長への鍵

感情を正直に表す。
かっこつけない。ゆっくり感情を育てる。他人の目を気にしない。

蟹座の成熟した姿=光・可能性

  • 自らが自分の面倒を見る。自分の喜びを優先する。
  • 育成のプロセスを楽しむ。
  • 感情を分かち合う、共感する。
  • 他人を育て、自分を育てる。なりふりかまわず自分のことをやることが、みんなのためになる。
  • 感情を受けとめてくれる人と、そうでない人は区別する。
  • 自分がHomeとなる、人にとってのよりどころになる。

蟹座の象徴

川。
流れ続ける川。感情が入ってきて、流す。いつもその時その時の新しい感情が流れている。
水に流す、清らかな心。
一切のこだわり、とらわれを洗い流す。


1stステージの4サイン。
個人のホロスコープに自分自身を表す太陽や月がサインにあると、サインの特徴が意識にのぼりやすいと言われています。

ただ、12のサイン、空間の特徴はどんな人の心の中にもあるもの。
こんな意識、自分の中にもあるな……というものを、見つけながら読んでいただけたら嬉しいです。
2ndステージ、3rdステージの4サインも、お楽しみに!

【2017年6月10日~ 関口シュン先生の心理占星術講座<第7期> 関連記事】

  1. 占星術を学ぶことへの、葛藤。
  2. 人間は誰でも、天体の力を身体に持っている?
  3. 天体編(1)~自分自身を表す、太陽と月。
  4. 天体編(2)~自分の好み・表現スタイル・能力を表す、金星、火星、水星。
  5. 天体編(3)~さらに広い人生の可能性を拡大する木星、収斂する土星。
  6. 天体編(4)~現実を超えたところから働きかけてくる、天王星、海王星、冥王星。
  7. 自分の個性を表す、天体同士の関係。~天体アスペクト
  8. 「私は◯◯座」の前にまず、天体同士の関係を見る。
  9. サイン編(1)~12の中にある、1・2・3・4という数と意味。
  10. ルーラー(支配星)~特定の天体が、強く影響を与える特定のサイン。
  11. サイン編(2)~他の力を借りて、やっと自分になっていく。
  12. サイン編(3)~「自分が自分をつくる」、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座。

【ねがい事務所 今後のイベント情報】

お申し込みは、リンク先からお願いいたします。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です