コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

ルーラー(支配天体)~特定の天体が、強く影響を与える特定のサイン。:関口シュン先生の心理占星術基礎講座

こんにちは、桝田です。

関口シュン先生の心理占星術基礎講座。
第5回は、12サインという空間、宇宙の成り立ちについて改めて全体を学んだ後、牡羊座、牡牛座、双子座についてのお話でした。

いよいよ各サインの解説に……! と、いく前に。
実は第1回から学んできたものの、混乱するなぁと書いてこなかった、天体とサインの関係、ルーラー(支配天体)についてこの記事では書いていこうと思います。

12のサインそれぞれに、特定サインの空間に強く影響を与える天体=ルーラー(支配天体)があるのだそう。
天体とサインには密接にかかわっている、天体とサインはほぼ同時に成り立ってきた……という、お話でした。

天王星が発見されたのは1780年代、宇宙の起源から考えると本当に最近のことです。
天王星、海王星、冥王星が発見されていなかった時代が長かったので、古来、7天体が12の星座に割り当てられていました。

太陽:♌獅子座のルーラー
月:♋蟹座のルーラー
金星:♎天秤座、♉牡牛座のルーラー
水星:♊双子座、♍乙女座のルーラー
火星:♈牡羊座、♏蠍座のルーラー
木星:♐射手座、♓魚座のルーラー
土星:♒水瓶座、♑山羊座のルーラー

図にすると、こうなります。
天体のマークがわかりづらいかもしれませんが、各天体編のトップ写真にてご確認ください。
ルーラーの割り当て図

太陽、社会的・公的な自分。
公にこうありたい、と望む、未来に向かってこうあろうとする自分自身の姿。
というのは、♌獅子座サインの性質。

月、私的な自分。
家の中でやすらぎ、感情や身体を安心させ、過去から現在の感情的な自分の姿。
というのは、♋蟹座サインの性質。

天体編で、金星、火星、水星、木星、土星には、公的(太陽的)な使い方、私的(月的)な使い方と2通りある、とご紹介してきました。
それも実はこのルーラーとかかわっています。

金星の公的な(外に向かう、+の性質の)使い方は、♎天秤座サイン(+サイン)の性質。
対人的な美意識で、社会にどのように見られるか? を意識しデザインする力。
金星の私的な(内に向かう、-の性質の)使い方は、♉牡牛座サイン(-サイン)の性質。
本能的な美意識で、五感が落ち着ける心地よい物を集め、快適な空間をつくる力。

水星の公的な使い方は、♊双子座サインの性質。
多種多様な考え方を理解していくこと。
水星の私的な使い方は、♍乙女座サインの性質。
職人的なもの。身体に覚え込ませる。

火星の公的な使い方は、♈牡羊座サインの性質。
独立性、自分と目的の調和を目指す。闘争心、克己心を発揮して、獲得していく。
火星の私的な使い方は、♏蠍座サインの性質。
自分と相手の融合を目指す。自分の自我を壊し、相手の自我を壊し、新しい自分と相手をつくる。

木星の公的な使い方は、♐射手座サインの性質。
できるかもしれないからやってみよう、チャレンジしようと可能性を見せる。再挑戦する。
木星の私的な使い方は、♓魚座サインの性質。
その時はどうしようもなかった、と過去を寛容に受け容れていく。過去を癒す。

土星の公的な使い方は、♒水瓶座サインの性質。
未来を見て、計画を立てる。相手の個性に立って、改良していく。再出発する。
土星の私的な使い方は、♑山羊座サインの性質。
守護する。相手の現実に立って、修復していく。終止符を打つ。

各天体の空間範囲に12サインが並んでいる図。
天体とサイン図

私たちは12星座の始まりは牡羊座だとして学んでいますが……
地上に降り立とうとする魂は、まず、「再出発の天体」土星・水瓶座の空間にやってくるのだそう。(図のいちばん左)
そこで再出発の意志を確認し、土星の許可を得られたら、次の木星・魚座の空間に進むことができて、どれだけ社会のために善いことをしますか、と「善なる天体」木星に問われる。
そこで木星の許可を得て、はじめて肉体をもって、「独立、自立する天体」の火星・牡羊座の空間に飛び出してくる……

牡羊座、牡牛座、双子座、蟹座は、自分自身を知る、自分が自分をつくる、という人生の1stステージ。
獅子座、乙女座、天秤座、蠍座は、人と共に生きる、人のために力を使う、という人生の2ndステージ。
射手座、山羊座は、2ndステージを終えて人間社会で生きる、社会のために力を使う、という人生の3rdステージ。
水瓶座、魚座は、社会のために生きる、魂の旅の始まり、霊的社会という人生(魂生?)の3rdステージ。

……と体験し、最後に「終止符を打つ天体」土星、山羊座の空間を経て肉体としての一生を終えていくのだそう。
魂の旅は水瓶座に始まり、この円をぐるっと一周し、各サインを体験して旅立っていくのですね。

現代では、天王星、海王星、冥王星が発見されています。
そのため、発見に伴ってルーラーにも変更が生じました。
3天体の発見にかかわらず、ルーラーは7天体のまま、と考える占星術家もいらっしゃるようですし、もともとルーラーであった天体も影響はあるとしてリーディングされる方も多いようです。

天王星は、♒水瓶座のルーラー。
変革、改革、個性を活かす、水瓶座の性質。
海王星は、♓魚座のルーラー。
浄化、溶解、包容、全体をひとつにする、魚座の性質。
冥王星は、♏蠍座のルーラー。
根源意志、徹底的な自己変容、破壊と再生、蠍座の性質。

どの天体がそのサイン=空間に影響を与えているのか、という視点と共に、サイン編もお楽しみいただけたらと思います。

あれ、このサインの説明ってどこかの天体で見たかも? と思うようなことがあった時に、そういえば天体とサインって関係があったな……とちらりと思い出していただけたら。

それではいよいよ、各サインに入っていきますね。

【2017年6月10日~ 関口シュン先生の心理占星術講座<第7期> 関連記事】

  1. 占星術を学ぶことへの、葛藤。
  2. 人間は誰でも、天体の力を身体に持っている?
  3. 天体編(1)~自分自身を表す、太陽と月。
  4. 天体編(2)~自分の好み・表現スタイル・能力を表す、金星、火星、水星。
  5. 天体編(3)~さらに広い人生の可能性を拡大する木星、収斂する土星。
  6. 天体編(4)~現実を超えたところから働きかけてくる、天王星、海王星、冥王星。
  7. 自分の個性を表す、天体同士の関係。~天体アスペクト
  8. 「私は◯◯座」の前にまず、天体同士の関係を見る。
  9. サイン編(1)~12の中にある、1・2・3・4という数と意味。
  10. ルーラー(支配星)~特定の天体が、強く影響を与える特定のサイン。
  11. サイン編(2)~他の力を借りて、やっと自分になっていく。
  12. サイン編(3)~「自分が自分をつくる」、牡羊座・牡牛座・双子座・蟹座。

【ねがい事務所 今後のイベント情報】

お申し込みは、リンク先からお願いいたします。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です