コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

【開催報告】6/11クリーン・ランゲージ一日入門~クリーンはどのように使えるの?

こんにちは、桝田です。

 

先週末、クリーン・ランゲージ・トレーナーの松田依子さんをお招きして、

クリーン・ランゲージ一日入門~クリーンはどのように使えるの?を開催しました。

 

終わってすぐこの興奮をレポートしたいっ!!

と思いつつ、個人的に内側にどでかい感情のビッグウェーブがやってきて、

溺れかけており・・・

やっとこ、落ち着きを取り戻してきましたよ。

 

ビッグウェーブの到来は、渦中にあると大変ですが、

これから私が個人として生きていく、

またへんてこや誰かと一緒にやっていく上で、とても重要なものでした。

またもし書けるタイミングが来るなら、書けたらいいなと思っています。

 

さて間違いなく私のこのビッグウェーブの一因でもある

今回のクリーン・ランゲージ一日入門セミナー。

 

この「一日入門」から、クリーン・ランゲージの学びへ足を踏み入れていく、

という方がおそらく多い中、私の場合は、

まず個人セッション

→グループのためのクリーン・ランゲージ

へんてこでのグループ・クリーン

→クリーン・ランゲージ一日入門

でした。

 

ですので、クリーン初体験!でなく、

クリーンに問いかけられた時、

自分や人がどのように体験を深めていくのか、ということを

私自身は多少体験した上で、の入門セミナーレポートです。

 

 

まず依子さんからクリーン・ランゲージという技法が生まれた経緯や、

それを体系化されてきた方々、歴史、どのように発見・研究され、

どのような場面で使われてきたのか、のお話。

 

そしてみなさんの自己紹介。

企業にお勤めでお仕事に役に立てたいという方や

母や妻で家族や友人とのコミュニケーションのためにという方、

様々な背景をお待ちの方が、なにかを感じてお集まりくださいました。

(みなさんのご参加理由を聞いている時、絶対いい顔してたな~、私。)

 

 

それから、メインとなる内容へ!

クリーン・ランゲージは、

一人一人の内的世界にどのように向き合っていく技法なのか?

ということを、セッションのデモやペアワークを通して学んでいきます。

 

私は自分のクリーン体験が概念として整理された気がしています。

クリーンな問いを相手に投げかけていく時に、

相手のどの言葉、どの概念に着目していくことが、

相手が自分を知る・自分の体験を深めていくことにつながるのか、

ということを学びました。

 

頭でわかることと、

実際に相手に向き合った時にできることは別物だなぁ、

とここでも実感していますが・・・

 

同時に、クリーンを用いる際の危険性も学びました。

クリーンは相手が

「自分自身として今ある体験を深め、成長していきたい」という、

相手自身の内側に必ずある、生きる力や希望をサポートする、

という意図から用いるもの。

相手の大切な部分に触れていく、とてもパワフルな技法だからこそ、

用いる側が自身の意図を確かめて慎重に用いる必要のあるもの。

 

これはどのような対人支援の技法も同じだとは思うのですが、

クリーンはパワフルである分、それが本当に重要である、と感じています。

 

 

あるテーマを深める演習を3つ行いましたが、その中で

最高の状態で学んでいる時、それはなんのようでしょう?」

という問いがありました。

 

4月のセミナーでも深めた問いです。

その時のことはこちらに詳しくありますが、

あの時は堅く閉じている水門が足元にあるイメージでした。

 

それが今回、水門がまったく浮かばず、描いた絵がこちらです。

 

水を流している自分を「描くことができている」と、びっくりしました。

 

メタファーは進化するんだなぁ!!

 

現実で水=学んだことを実際に流せているか、ではないのです。

流していける、と感じている自分がいる。

流すことに障害や壁がある、と感じていない自分に気がつきました。

 

壁があるか、ないか、ではない。

本人が壁を感じているか、感じていないか。

それが、現実の行動にも確かにつながっているのだ、と実感する発見でした。

 

依子さんによるご参加の方へのデモセッションを見て学ぶこともとても多く、

「自分の体験や理解をご本人が深めている」という時に、

外側ではその方の何が見えて、聞こえるのか、ということがよくわかりました。

 

最後にほんの少しだけ、語る方が「問題だ」と思われている状況に、

クリーンに問いかけ、深めていく方法を依子さんにデモで見せていただきました。

その時の依子さんの言葉がとても印象的で。

「○○の時、何が起こればよいのでしょう。さあ、一緒に見に行きましょう!」

それも、とても楽しそうに、です。

 

ああ、ご本人が問題に対して何が起こればいいと思っているか、は、

【今は、まだ現れてない】と思ってかかわっていらっしゃるのだなぁ。

その姿勢で臨むということが、もっとも難しいことだ・・・とも思っています。

 

 

あっという間の一日を終えて。

最後にみなさんの一日の感想を聞いて、ああ開催してよかったなぁ!

これからもとても楽しみだなぁ、と感じています。

 

 

クリーン・ランゲージを学び続けたい、この感覚を忘れたくない、

という声もお聞きして、そのために私も何ができるだろう?

とわくわくと考えています!

また依子さんをお招きしてしっかり体感するセミナーは、

10月、クリーン・ランゲージを用いて

ストレングス・ファインダーを深めていく2日間を予定しています。

どうぞお楽しみに!

 

※4月のセミナー、今回のセミナーに参加された方へ

セミナー参加者の方が参加しているFBグループをつくっています。

もしご参加希望の方がいらしたら、お知らせくださいね。

練習会など、開いていけたらいいなと思っています。

同様にクリーンを学んでいる人が入ることのできるコミュニティを

もしご存じの方がいらしたら、ぜひお知らせいただけるとありがたいです!

 

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です