「力をないことにする」ことで、得ている旨味。

※この記事はへんてこ書房の運営メンバーだった頃に書いたものです。

こんにちは、桝田です。

先日、へんてこ書房メンバーとの内面を探究するへんてこジャーニーのリアルセッションでした。

ジャーニーも、気づけば後半戦。
今回は無意識に行動を、人生を、つくっている本丸、メンタルモデルをそれぞれに暴く回。

私のメンタルモデルは、「私は無力だ」モデルです。力があるよ、とどれだけ人に言われようと、自分で力がないことにして勝手に引っ込む癖。

「無力だ」モデルであることにはうすうす気づいていたのだけれど、力を発揮しないことで、私が今、得ている旨味はなにか? を明らかにしてみると……

未知の責任をとらない、
人を脅かさない、
守られる、
失敗しないで済む。

ああ、そうです。ほんとそのとおり。

セッションの前日、夫にも「僕にもあるけど、君にもこうしたい、という希望があるでしょ。最初から無理と言わないで希望のためにどうするか、を考えたらいい。そのために今の環境もつくってきたんだし」と言われたところ。

いつまで「力を出さない」をやってるつもり? と、あらゆる方面から言わせているなぁ、完全に……

あなたには力がある。
私には力がない。

を、飽きるほどやってきました。

そうじゃない。とうにわかっている、頭では……

私には、「あなたには力がある」と表現したい気持ちがある。
表現する力が、今自分に充分にあるだろうか、という不安がある。
それでも表現していきたい、挑戦したい、という気持ちがある。

それが、私に今ある真実なのです。


【2016年4月17日~ へんてこジャーニーの軌跡】

  1. 世界は危険だ。だから私は……、と、繰り返してきたこと。
  2. 滅私奉公。「私がやればなんとかなる」の、深い闇。
  3. 続・滅私奉公。「私がやらなければ誰もやらない」の、深い闇。
  4. 滅私奉公になりやすい、世界を捉える私の五感。
  5. 滅私奉公脱却の旅。人生で避けていたことをひとつ、避ける必要がなくなったお話。
  6. こどもが怒り、悲しみを感じている時、隣で親ができること。
  7. お金を稼ぐこと、受けとること。
  8. 自分の内側に「ある」もの。クリーンな問いの力。
  9. 私の力を発揮することをとめている、私自身の思い込み。
  10. 「私を邪魔しない、聞き分けのよい、いると便利で助かる子」。
  11. 「力をないことにする」ことで、得ている旨味。
  12. いつでも、一人でできるように。 人を頼らないように。 人に迷惑をかけないように。
  13. 私に圧し潰されて、圧し殺されていた、私の悲しみと痛み。
  14. 「できる力があるならば、力のある者がやるべきだ」、という思い込み。
  15. へんてこジャーニーを終えて。「始まり」に立つ。

★へんてこジャーニー:へんてこ書房で企画・開催した、8ヶ月間の自己変容・リーダーシップ開発のプログラム