コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

蟹座、獅子座、乙女座、山羊座、水瓶座、のみなさま!12月4日(日)、いらっしゃいませんか?

こんにちは、桝田です。

星の叡智を伝えられている中西れいこさんを大阪にお招きして、星のまなびばを開催します。

12という数は、1、2、3、4、6、割ることのできる数をいくつも内包する数。

8月、12星座の集まる星のまなびばに参加し、

星座が「12」であることには、とても深い意味があるんだなぁ、と体感しました。

 

12のエネルギーは、ただ「違う」。

 

他のあの星座、この星座と、こういう点では同じ、こういう点では違う・・・など、

いくつかの共通点、相違点があきらかになるにつれて、

「この特徴・質感を、この組み合わせで持っている自分」という、

今までになかった視点から自分の役割・自分にできることを捉え、考えが深まるような時間でした。

 

人との違いを知ると、私はとても元気になるのです。

それはもう、ほんとに、ぜんぜん違う!!とおもしろくてたまらない。

その違いが、その違いのままに活き活きと表れている場は、

どこにも無理のない安心と平和、希望に満ちているから。

 

8月にその「違い」の醍醐味を感じられたのは、12星座すべての方があの場にいらしたから。

今回もぜひ、12星座の方とご一緒したい!!と思っています。

 

蟹座、獅子座、乙女座、山羊座、水瓶座、のみなさま

ぜひご参加をご検討くださると嬉しいです。

もちろん、他の星座の方も、お待ちしています!!

 

 

ちなみに、私は今でこそこんなテーマでも企画をしていますが、

以前は「星占いぃ~?」と星座の話を敬遠してきたタイプです。

(学生時代の友人知人はきっと驚くであろう・・・!笑)

 

星座は単なる12分類ではない。

一般に言われる自分の星座とは、

「自分が生まれたときに太陽がどこにあったか」を示すものであって、

他の星々はどこにあったのかまで見ていくと、自分とまったく同じ人は誰もいない。

 

と知って、はじめて「そうなのかー!じゃあ、私ってどんな?」と

がぜん興味が湧いてきた、という経緯があります。

 

この、「じゃあ、私って?」にご興味がある方には、以下の少人数のワークショップもおすすめですよ。

「生まれたときの惑星の場所」の図を出して、お一人お一人の星に焦点をあてていきます。

こちらは、星座にかかわりなくご参加お待ちしています!

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です