コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

「相手自身の体験を、本当に尊重する」ことと、私の人生に今ある課題。

こんにちは、桝田です。

クリーン・ファシリテーター認定修了コースに向けて、セッションのスーパーバイズを受けました。自分のセッションを先生に見ていただいて、できているところ、できていないところのフィードバックをいただくものです。

ちょっと専門的な話にもなってしまいますが、「学習」という点からも、出てきた私の課題がとてもおもしろかったので、書いてみますね。

私ともうお一人でお互いにファシリテーター、クライアントをして、フィードバックをいただく、という形だったのですが。
できているところ、できていないところ、当然ですがそれぞれまったく違います。

私の、特にできていないところが、あまりにもこれまでの私の人生を振り返って、人生そのものの課題であり、笑うしかない……という感じでした。

クリーン・ファシリテーションをする上で、大きくクリティカルな私の課題は2点。

ひとつは、「クライアントの方にとっての、外側」に焦点をあてようとすること。クライアントのテーマにおいて、たとえばクライアントの家族であったり、クライアントの取引相手であったり、クライアント自身ではなくて「クライアントにとって重要な他人」にクライアントの意識を向けるよう、ファシリテートしてしまう。

(自分の外側である)他人の気持ちを大事に思うことが私自身の大切なことだ、と思ってきた、まるで私自身の歴史を表すようだなぁと……。他人の状況や気持ちを、「どう受けとめている自分が今、ここにいるか」しか、自分には正しく知覚しようがないのですよね。

逆に言えば、クリーン・ファシリテートの技術が向上することは、そのまま、私が私自身の知覚を大事にする感覚が研ぎ澄まされていくことなのかもしれない、とも思っています。

課題のふたつめは、クライアントが身振り手振りを始めたあたりで、もう「クライアントはわかっている」と私が思ってしまい、それ以上は聞かないこと。これは、……クリーン・ランゲージのセッションを初めて受けた時に出てきた、「ターミナルのガラス」である私が現れているな、と感じています。

相手を尊重したい。もうクライアントはわかっているのかもしれない、と感じると、私がそのご自身がすでにわかっていることの邪魔をしてはいけない、と、そこから自分が「存在として」撤退する。

でもそれは本当にクライアントを尊重する、ことにはつながらないのだな。

クライアントが、「××について、○○したい」と言う時。それを、ご自身がどれくらい理解しているかというと、たとえば「日本ではない国で、なにかサンドイッチのようなものを食べたい」と言っているようなもの。

日本ではない国って、どんな国なんです?
なにかサンドイッチ、そのサンドイッチってどんなでしょうね?
食べたいって、どんな風に食べるんです?

クリーンのファシリテートはそんな風に、具体的に、明確にしていくかかわり。

たとえば、

「フランスのパリに行って、皮のパリっとしたフランスパンサンドをテラス席で行き交う人たちをぼんやり眺めながら、オシャレに食べた〜い♡」

かもしれないし、あるいは、

「アメリカのカルフォルニアに行って、真っ青な空の下、ビーフパテの分厚いチーズのとろりとしたハンバーガーを食べたいっ!!」

いや、もしかしたら、

「トルコのイスタンブールに行って、東西の文化の息遣いを感じながらサバのコンフィがはみ出しそうなサバサンドを食べたい……」

なのかもしれません。

それを、「日本ではない国で、なにかサンドイッチのようなものを食べたい」と言った、その時点では、クライアントはまだ知らない。明確にわかってはいない。

どこで、なにを、どんな風に食べたいのか?が明確になったなら、足は自然と、
エールフランス、
アメリカン航空、
トルキッシュエアウェイ、

それぞれの行き先に飛ぶ、搭乗口へと向かう。クライアント自身の意思と、クライアント自身の足で。

あるいはもしかしたら、行くのは今ではない、という気持ちになるかもしれない。サンドイッチが大事なのではなかった、と気づくのかもしれない。明確になったその時、なにが起きるのかはクライアントにもファシリテーターにもわからない。

クライアントが、自分で世界地図を広げてみたり、サンドイッチのメニュー表を自分で思い浮かべてみたりするのをお手伝いしながら、旅で体験したいことを明確にしていく。

私がなりたいファシリテーターとは、ターミナルにいる、グランドホステスのチェックインカウンターのところまで行く前に立ち寄る、そんなガイドかもしれません。

旅自体に同行もしないし、提案もしない、ただご自身の行きたい場所を明らかにする。意思を明らかにする、それだけのお手伝いを確実にして、出発を見送る。

そんなガイド。

さて、認定修了コースは来週。今日は練習会に行ってきますね。


◆クリーン・ファシリテーター認定に向けて

★クリーン・ランゲージのクライアント体験などを次のリンクにまとめています。

クリーン・ランゲージの記録


【今後のイベント情報】

お申し込みは、リンク先からお願いいたします。

※今後の情報を確認したい方は、このweb、あるいは
ねがい事務所 facebookページをご確認ください。
「いいね!」を押していただくと、最新情報のおしらせが届きます。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です