コンテンツにスキップするには Enter キーを押してください

自分が、すべて知っている。進みたい道も、方法も。

こんにちは、桝田です。

全部で12日間から成るクリーン・ファシリテーター養成講座の、9日目。
クリーン・スペースの1日目を受講してきました。

「クリーン・スペース」は、「クリーン・ランゲージ」の創始者、
デイヴィッド・グローブが晩年に開発し、用いた技法。

パート1、パート2で学んだクリーンの世界観を土台とした上で。
そして、パート1、パート2で学んだことを一度手放し、
まったく新しい技法を学ぶようなもの。

より少ないかかわりで、よりたくさんのことが起こる。
と、デイヴィッド・グローブは言ったそう。

この2日間はどっぷりクライアントとして体験しよう、というのが、
私がこの2日間を受ける前に決めてきたことでした。

自分を内省する、そのための学びの場にこれまで私はそれなりの数、参加してきましたが・・・

クライアントとしてセッションの練習をした後、急に眠くなってここまでどっと疲れた、
となったのはクリーン・スペースが初めてかもしれません。

セッションのテーマとしたことに対して、自分の姿勢が変わっている、ことは感じています。

起こったことがいったいなんなのか、、、
言語化はまだできていませんが、そこまで深いところが私の中でなにか動いている、
ということなのだろうと感じています。

ファシリリテーターとしては、クライアントになにが起きているのか、
それこそ言葉としても、ほとんどわかりません。
それでも、クライアントに必要なことが、確実に起こっていることはわかる。

クライアントがすべて、知っている。

クリーンのもたらすものを、場を、提供できる人になっていきたい。
その気持ちを、強くしています。


【2017年2月25~26日 クリーン・スペース&エマジェント・ナレッジ関連記事】

★クリーン・ランゲージのクライアント体験などを次のリンクにまとめています。

クリーン・ランゲージの記録


【今後のイベント情報】

お申し込みは、リンク先からお願いいたします。

※今後の情報を確認したい方は、このweb、あるいは
ねがい事務所 facebookページをご確認ください。
「いいね!」を押していただくと、最新情報のおしらせが届きます。

コメントする

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です